いる場所 



自分が どのような時代の
どのような 場所にいるか

自分の 人生が 今
どのような 位置にあるか

電子持続音ライブ「元型ドローンVol.18」のお知らせ 

舟沢虫雄 (Mushio FUNAZWA)
電子持続音ライブ
「元型ドローンVol.18」

2019年10月27日(日)18:00 Start
¥1500
会場:東京 六本木 ストライプハウスギャラリー
東京都港区六本木5-10-33-3F [地図]

------------------------

電子持続音によるミニライブです。
演奏時間は50分程度を予定しており、
黙々とした、“静かな場”の生成を望んでおります。
よろしければ是非お越し下さいませ。

(演奏後に簡単なお飲み物とポストトークがありますが、
こちらは自由参加となります。)

舞踏公演「ねずみもち」のお知らせ 

『私のエチカ』vol.Ⅲ ~舞踏家6人それぞれのソロ~ より
ワタル ソロ舞踏公演
「ねずみもち」


舞踏:ワタル
照明:ソライロヤ 音響:サエグサユキオ
音楽:舟沢虫雄

2019年:9/29(日) 18:00~
入場料金 前売2,800円 当日3,000円
会場:東京中野 テルプシコール [地図]
追記/補足を読む

咲いて雨 



雑草にまみれ、ひしめき合い、
ほんの少し陽の当たる高みにまで伸び、
そこで力いっぱいに咲き、
そこに雨が打ち付けて、
特に多くの人に見られるでもなく、
しおれていく。

華々しい物事の多くは、
案外、そのようなものかもしれない。

運命と自由、怒りと感謝 

「この先は運命だけだ」
という思いと、
「この先は自由だ」
という思いが、
しばしば、交互に、去来する。

「こんな人生あってたまるか」
という、爆発的な怒りと、
「なんという贈り物の多い人生だろう」
という、爆発的な感謝の念が、
しばしば、交互に、去来する。

これらはあまりにも矛盾しているし、
思考可能な文章としてまとめることもできないので、
そのうち明快な言語に落とし込めたり、
或いはこれらの矛盾そのものが、
足して2で割ったり、折り合いがついたり、
別の何かに止揚されたりするのかな、
と思っていたので、
ブログに書くのを控えていた。

だが、何年たっても、
この鮮烈な矛盾は、
そのまま去来し続けている。

なので、このまま、こうしてブログに書いておきます。
年を取るって、何なんでしょうかね。
追記/補足を読む