こっちが普通なのかもしれない 

非常時が日常化してきた。

第一次世界大戦が1914~、
スペイン風邪が1918~、
関東大震災が1923、
世界恐慌が1929~。(以上wiki調べ)

こうしてみると100年前より、
戦争がないだけ、ちょっとましなのか。

そう考えると、
自力ではどうすることもできないこと、
想像を絶したことというのは、
ある方がむしろ普通なのかもしれない。

------------------------

想像を絶したことに備えるのは難しい。
てゆうか想像を絶しているのだから、備えようがない。

想像を絶したことが、
次から次へと降りかかりながら、
困りながら生きて、困りながら死んでいく、
そっちの方が普通なのかもしれないということ。

そうかといって、こっちが普通だと思って、
困るのをやめるわけにもいかない。

そうかといって、1999の頃、ニュース番組に出てきた人々のように、
シェルターを買ったり(ノストラダムス)、
荒野の一軒家に移り住んだり(2000年問題)、
あんな風に備えるのも、無理そうだ。
金銭的にももちろんだが、荒野の一軒家に移り住んだら、
病院だって遠くなる。それでは病気の備えがおろそかになる。

そんなことを考えている間にも、
次から次へと、思いもよらない困ったことは、
起こり続ける。

------------------------

曲を作ってる最中にOSがおかしくなると、
本当に惨憺たる気持ちになる。
こういう気持ちが、貴族的なものなのかどうか。

身分制のあった時代、
和歌がうまく詠めずに苦しんでいた貴族や武士にとって、
飢饉はどのようなものだったろう。
ドラマなどでは無関心そうに描かれることが多いが、
やっぱり、和歌がうまく詠めないことと、
食べ物が減っていくことを同時に苦しんだのではないか、
そんな人もおられたのではないか、と想像をめぐらせる。

パソコンを持ってること自体、音楽を作ってること自体、人類全体(時間軸も含む)からすれば貴族的なのではないか。

当人は自暴自棄寸前になってるが。

------------------------

次の時代がどうなるのか、
想像するのは難しい。

いま現在、何がどうなってるのかだって、
想像するのは難しい。

じつは、この困った状態こそが、
次の時代なのかもしれない。

------------------------

100年、という時間をどう考えるか。

若い頃は、夏目漱石の「夢十夜」を読んで、
100年という時間を「途方もない長さ」と感じていた。

50を過ぎた時に、「あれ?これの倍?」と思った。
自分には、“途方もない長さの半分を生きた”、という実感はない。

高島忠夫という人が50代にリリースした「人生まだ半分」というレコードを、
かつてテレビで“変なレコード”として取り上げてゲラゲラ笑っていたタレントさんたちだって、まだまだ現役だ。

と同時に、100まで生きるのを想定するのが当たり前、
という風潮が世界中に流れ出した。

人生の大抵のことは片付かない、
その様子を達観しつつ描写した晩年の夏目漱石著「道草」。
晩年といったって、没年が49。道草は死の前年に発表されている。
その倍ある時代が来るとは、漱石先生だって思わなかったろう。

------------------------

メルカリやるか、noteやるか、インスタやるか、
意味あるかな、と悩む。
アカウントが増えるのが負担なのだ。
古いSNSを閉じたり、
このブログをやめたりする気にもなれない。

(メルカリってヤフオクに定額で出すのとどう違うのか、
noteってこのブログにpaypalのおひねりリンクを出すのとどう違うのか、
試したいならアカウントを作るしかないのだが)

何のためにそれらをやろうか悩むのか、と自問するに、
ブログという形式が古いからとか、マネタイズをどうしようとか、
なんというか、資本主義的な発想が自分に根を張っていることがわかる。
そういうのにそこそこ抗って生きてきたような気がするのだが、
20世紀の資本主義国家に生まれ育った以上、限界があるのだろう。(社会主義国家に生まれなかっただけでも多少ましだと思わなければ)
では、ポストモダンが本気出した1990年代後半以降に生まれた人々はどう行動しておられるのか、訊いてみたり観察したりしてみたい気持ちも出てくるが、この気持ち自体が資本主義的発想から抜け出ていない、ともいえる。情けない。

悩んでるだけでもう、眼精疲労と腰痛で限界が来る。
そうこうしてるうちに、思いもしなかった事態は次々新たにやってきて、パソコンのOSすらおかしくなる。

貴族に飢饉が来るように。

------------------------

さて困った。
困ったけど、困るのが普通、か。
こまったなぁ。
追記/補足を読む

時間の流れが変化している 

毎日忙しい。
というより、
「今まで先送りにしていたあれをやろう」とか、
「こういう状況だからこそこれをやろう」とか、
自分でやることを増やしているようにも思う。

だがそれも、2~3か月で済んでしまった。
いや、済んではいないが、
そろそろ、気力体力がもたなくなってきた。

時間の流れが変化している。

外出しなければならないことが減ってから、
逆に、外にいる時間が増えた。
日焼けするほど、歩いているのだ。

それでも、気力体力は、
じわじわと落ちていく。

時間の流れが変化している。

元々、孤独には強いほう、というか、
最近の若者ことばでいえば、
“ぼっち耐性”はかなり強いほうだと思っていたが、
「おうち時間」だって、2~3か月で飽きてきてしまった。

時間の流れが変化している。

非常時としての気力体力のまま、
日常を送るのは難しい。

Youtubeなどを見回すと、
手塩にかけた入魂の動画よりはむしろ、
普段のメインワークを離れて、
日常としてただただしゃべっている動画のほうが、
人気が高いようにも見える。

ラジオを聞いたりしていると、
そういう、「ただただ雑談をしている動画生配信」を、
二つ三つ同時に立ち上げている、
と話す方もおられる。

時間の流れが変化している。

ほどんど実現不可能なマルチタスクが、
日常として世界を覆っていて、
それは自ら招いているのか、
外界から流入しているのか、
自分(たち)にも、よくわからない。

時間の流れが変化している。
追記/補足を読む

感情地形 

最近、人間の感情を、
“地形”のように感じることが増えてきた。

この土地にこの作物は適している、
この場所にこの発電は不向きである、
ということがあるように、
地形は非常に変えづらい。

------------------------

何十年繰り返しても、
学ぶことができない人がいる。
何十年繰り返しても、
学ぶことができないものがある。

得意なことを伸ばすのはよいが、
不得意なものを人並みにしようとするのは、
途方もない辛苦を伴う。
途方もない辛苦を味わったところで、
そういったものごとは、
ごくわずかしか成長できないか、
あるいは、全く、成長できない。

さらに凄まじいことには、
あまりにも不得意なために、
本人が「不得意である」ことすら自覚できない、
ということも多い。
(このことを実感するのに、私は数十年かけている)

------------------------

何十年繰り返しても、
学ぶことができない人々に対して、
これはもう、こういう人なのだ、というか、
こういう“地形”なのだ、
という感覚を持つようになってきた。
この地震は止まらない。
この氾濫は止まらない。
ここに水を注いでも作物は育たない。
そういう風に捉えるようになってきた。

こういう感覚を、
“諦念”と呼んでいいのかどうかは、わからない。

こういうこと、すなわち、
人間の治らない“地形的な部分”に対して、
適した作物に植え替えたり、
遠くから用水路を引いたり、
あるいは削れない山に対して
トンネルを掘ったりするような行為を、
“マネジメント”と呼ぶのだろう。
そういうことにこの歳になって気づく、ということは、
私がどれほど“マネジメント”が不得意か、
ということの表れでもあるわけだ。

------------------------

私が長年励行してきたことに、
“親身なダメ出し”がある。
“ダメ出し”、悪いところを伝えることは、
言われた方は非常に不快なものであるし、
言う方も個人的な思い込みが混入していたり、
たとえ正論であっても改善不能なものだったりするので、
基本、言わない方がお互いのためなものだ。

なので、ダメ出しをする際、
私は以下のようなマイルールを持っていた。
・絶対に間違えている。私見ではない。
・絶対に改善できる。その方法は簡単である。
・相手と自分が親密であるか、或いは十分に距離があり、お互いに禍根が残らない。
・伝える機会が、相手から与えられる。

こういう場合に、私は親身に、丁寧に、ダメ出しをしていた。
20年、或いは30年程度続けていたろうか。

数年前にふと気づいた。
改善された例は、ほとんどない。

ちょっと考えて、その理由も概ね理解した。
絶対に間違えていて、絶対に直すことができるものが、
目の前にあって、それを放置しているような人々に、
それを言ったって、伝わらないだろう。

------------------------

2020年6月現在のこの状況に対して、
「歴史に学べ」という人は多い。
だが見ていると、どうも、人間の、
「学べない部分」が歴史なのではないか、
という気持ちも湧いてくる。

人為が非常に及びづらい部分が“歴史”なのではないか。

------------------------

かつて、人間社会の特定の事柄について、
この先に何があるのか、
三葉虫やアンモナイトを見れば明らかだ、
という方がおられたと記憶している。
人為の及ばない領域で起きることは、
人間界においても自然界においても、
似ているのかもしれない。

人間社会における、人為の及ばない部分。

------------------------

かつて、ウィルスが来て、
経済が分断され、
国連が弱まって、
世界大戦が起こった。

そのことを、政治や経済や、
歴史に詳しい人は、みんな分かっているのだろう。
それに対して、私に意見なんぞあるはずもない。

分かっていることを止められるかどうかだって、
私にはわからない。

------------------------

本質的な物事は、因果律とは違う部分にあることが多い。

ある哲学者が、のちの哲学者の考えを発展させているように見えても、
のちの哲学者は、前の哲学者のことを知らない、
そういうことがあるのだそうだ。

音楽だって、何かが継承されていくというより、
個々人が別の根を持って、別の幹であったほうが、
ずっとエネルギーに満ちている。
(こういうことを言うと各方面から怒られるんだが)

歴史―因果律で展開する物事の上に、
非・歴史―因果律に基づかないものが顕現する。

そのようなことに思いを巡らすと、
ああ、やはりいま何か、大きなものが、
去っているのだな
という気持ちが湧いてくる。

------------------------

エドゥアール シュレー著「偉大な秘儀参入者たち」を、
通読は、した。
理解できたかどうかは、あやしい。
印象深かったのは、“秘儀参入者”が世を去ったあと、
時代が再び歴史の渦に埋没していく描写であった。
(もう本を手放したので詳細は思い出せない)

超歴史的存在、非因果律的存在が去ると、
人類は歴史的になる。
そういうことだろうか。

------------------------

私は歴史に詳しくないし、
それほど好きでもない。

「これからどうなるのか、歴史を見れば明らかだ」
と言って、それ以上口にしない人や、
「歴史の歯車が動き出したのだ」
と言って、それ以上口にしない人に、
何が見えているのか、
私にはよくわからない。

------------------------

一応、「Archetype Drone Vol.17」で予感したことや、
KAIHOU」で意識的にやったこととは、
これはつながっているだろう、とは思う。

だが、ここまでのことになるとは、
全く想像していなかった。
いまこの瞬間に起きていることだって、
想像力が追い付かない。


先は長い。
追記/補足を読む

人間と人間らしさと、高架橋下の雑草 

まさかここまで大変なことになるとは思わなかった。

------------------------

当たり前だが、
人間は、人間らしさだけでできているわけではない。
肉体を構成する物質には物質の法則が適用できるし、
生命の法則は植物とだいたい同じだし、
腸のはたらきは腔腸動物と大差ない。

人間らしさというのは、
出現が最も遅いものなので、
最も歴史が浅く、最も頼りないもの、
とも言えるわけか。

そして、その頼りない「人間らしさ」こそが、
人間の人間たる所以、
人間の存在理由とも言えるわけか。

そんなことを、たとえば、
「アウシュビッツでこれから処刑される人が、
着ているものを脱ぐよう命じられ、
命じられるままに服を脱いだものの、
脱いだ服をどこに置いたらいいか、
置き場所に困っていた。
人間らしさとはそういうことなのだ。」
というような話を読んで、
イメージしたりしていた。
(20世紀後半の話だ。本の詳細は忘れてしまった。)

------------------------

どこまで自然から離れようとも、
人間は自然から完全には離れられない。
(いいや、人間は全部電脳化できる、
という方もおられるだろうが、
電脳化したって部品や電気は物質と言える)

じゃあ自然に還れ、と言っても、
自然がつらいから人間はここまで来た、
とも言えるわけだ。

自然と人間らしさは、常に相克しているし、
自然と相克しつつバランスをとるのが人間だ、
などと言ってしまうと、
ちょっとグノーシスに寄りすぎているだろうか。

------------------------

人間と自然の相克バランスを、
どの辺に設定するか、ということについて、
私は、鈴木大拙の本を思い出す。

『自然を排除した、
平安京の貴族文化のようなものは、
まだまだ甘い。
むしろ、日本の一番凄いところは、
自然にかなり近い場所に見られる。』

だいたい、そんな話だったように思う。
(詳細は忘れた)

平安時代のヴァーチャルな貴族文化より、
その後に来た鎌倉文化の、
そのまた辺境、自然に近い田舎の中に、
日本文化の一番すごいところが現れる、
というのが鈴木大拙の文章だったと記憶している。
(詳細は忘れたし、読み返そうにももう老眼で読めない)

これを今に適用すると、
日本の一番すごい文化というのは、
ヴァーチャルな文化の後、すなわちこれから、
地方の、自然に近いところ、すなわち、
第一次、第二次産業の周辺に散見できるようになる、
ということになる。

私は、鈴木大拙に100%賛同しているわけではない。
(難しすぎてよくわかっていないとも言えるが)
そもそも「妙好人」の自我感覚と、
「モラルハラスメント」の自我の入れ替えは、
私には非常に近いものに思えるので、
それが一番良いところなのであれば、
一番悪いところもそこに立ち現れてくるように思えてしまう。
(小説「沈黙」の奉行を通じて遠藤周作が描こうとした日本の悪にもこれは通じているように思える)

“自粛”、つまり自分から慎むことを
“要請”、つまりお願いしているけれど、
それは実質“強制”なのだ、というのは、
捉えようによってはかなり恐ろしいことだ。
とはいえ、
強制的な“封鎖”もなしでみんなここまでできるのは、
やはりすごいことだよなあ、とも思う。

こういうことが、「同じメダルの裏表」、
という表現で済むのかどうかも、よくわからない。
目の前に“善悪の彼岸”が広がっているのだが、
それがあまりに深く、あまりに広いので、
なかなかそれを観察できない、といったところか。

そもそも、どうしても戦争などと比較してしまうが、
これは国家も民族も人種も関係ない、疫病。
自然災害だ。

くどいようだが、21世紀の今、
「疫病」でここまで大変なことになるとは思わなかった。

------------------------

不要不急人間として、
不要不急の外出を控えていると、
心身がみるみる衰えていく。

なので、時折、歩く。
これを“散歩”と言えば自粛していないように聞こえるし、
“ウォーキング”と言えば自粛を頑張っているように聞こえる。

少し歩くだけで、
世の中のサウンドスケープが全く変化していることに気づく。

子供たちの遊ぶ声は、住宅街や高速道路の防音壁に当たり、
昭和時代、いや平成時代にも聞いたことのない響きとなっている。

住宅街に点在する、普段は人のいない公園が、
今この状況で、人の心を維持するために、
大いに役立っていることもわかる。
親子のキャッチボールの音が、高速道路の防音壁にこだまする。

私は私でいつもの通り、
整備された公園よりはむしろ、
高架橋の下の雑草から生命を分けてもらっている。

zassounomiti_2020.jpg

自然から遠ざかるのが人間、
自然を欲するのも人間。

------------------------

いま「老眼で読めない」と書いたばかりだが、
鈴木大拙「日本的霊性」をぱっとめくってみた。

岩波文庫84頁、
「霊性の動きは、現世の事相に対しての深い反省から始まる。」



反省かぁ。
長年電子音楽やってきて「反省」って言ってもなぁ。
今この年齢とこの体で農業とかできっこないしなぁ。

zassouwatage_2020.jpg

------------ 以下告知 ------------

ニューアルバム
KAIHOU
配信中

ライブ予定通り、但し飲食談話のみカット 

毎日、状況が激しく変化しておりますが、
3/22(日)のライブは、
よほどのことがない限り、やるつもりでおります。

(よほどのこと、というのは、外出禁止令が出るとか、私自身が37.5℃の熱を出すとかです。)

ただ、このライブシリーズでは従来、
終演後にお飲み物をお出ししてポストトークを行っておりましたが、
この飲食とトークについては、割愛させていただきます。
(終演後の自由参加形式でしたので、料金はそのままとさせていただきます。)

熱のある方、咳・くしゃみが継続的に出る方は、ご来場をお控えください。
そーっとやりますので、皆様、そーっとお越しくださいませ。

(“よほどのこと”が起きたら、このブログを更新いたします。)

------------ 以下告知 ------------

舟沢虫雄 (Mushio FUNAZWA)
電子持続音ライブ
「元型ドローンVol.19」



2020年3月22日(日)18:00 Start
¥1500
会場:東京 六本木 ストライプハウスギャラリー
東京都港区六本木5-10-33-3F [地図]

↓練習風景