ワクチン後の心身 

V・E・フランクル「夜と霧」に、
強制収容所から解放された日の描写があります。
「それほどうれしくなかった」という描写。
あまりにも長く抑圧され、
感情が仮死状態になると、
急には元に戻らないもののようです。

「夜と霧」では、まず体が猛然と食べ物を求め、
「何時間も、何日も」食べ続けたあと、
感情の蘇生が始まっていった描写があります。

そのあとに、「失意」が来るのだそうです。
強制収容所で死線をさまよい、
感情が仮死状態になり、
解放後に食べ物を十分に食べ、
感情が戻り、日常生活が戻っても、
特に苦悩が減っているわけではない、
そういうことに対する失意なのだそうです。

------------------------

舟沢の父は生前、ほとんど戦争の話をしませんでした。
終戦時は予科練にいたとのことで、
戦地には赴いていません。
なので、これから書く父の話は、
当時、近所で起きた話か、
友人の近所で起きた話なのだと思います。

「戦地から痩せて帰ってくるだろ?
将校みたいのはさ、重湯みたいのから始めんだよ。
急に食ったりゃしねえのさ。
それがさ、やっと帰ってきてさ、
今でいうカツ丼みたいな?ああいのをさ、
食べんのが止まんなくなっちゃってさ、
誰だかわかんないぐらい太っちゃってさ、
半年ぐれぇで死んじゃうのがいるんだよ。
病名?昔だからねぇ。病名なんかないよ。
栄養過多みてぇな。」

終戦直後~1950年代前半に、
毎日カツ丼を食べられたご家庭があったとは考えにくいですし、
これを聞いた1970年代の前後、
我が家ではカツ丼風に卵と玉ねぎを甘辛く絡めた、
「卵丼」みたいなものを「かつどん」と呼んでいましたので、
父は当時子供だった私がわかりやすいように、
カロリーが高い食べ物を「かつどん」と呼んだのかもしれません。

------------------------

今、何らかの感情が、
「仮死状態」になっていることは、
自分でも感じますし、
皆さんも多かれ少なかれ似たような状態ではないかと思います。

「今だけの辛抱」という言葉も
さすがに聞き飽きてしまいましたし、
暴走する正義からは距離を取りたいものだ、
とも思います。
安易な励ましは、もはや耳障りですらあります。
だからといって、羽目を外せるわけでもありません。
悩ましいところです。

そして、おそらく、
来年、どこかの段階でワクチンが供給されても、
みんな特に幸せになるわけでも、
あまたの苦悩から解放されるわけでもないのだろう、
ということです。
むしろ、そこでいきなり「ハイカロリーな何か」を大量摂取して、
心身を壊したりしないよう、
自分の感情の中の「仮死状態」の鉱脈を感じ取って、
そこの蘇生が急激なものにならないよう、
心身を管理しておきたいものだなぁ、
それはとても難しいことだけれど、、

――2020の年末、そんなことを考えています。
皆様もどうかご自愛くださいませ。

「元型ドローンVol.20」ダイジェスト 

電子持続音ライブ「元型ドローンVol.20」のダイジェストを、
Youtubeにアップしました。

追記/補足を読む

写真詩を作らなかった話 

近所でビルの解体をやっている。
その一角だけががれきの山となり、
ビルの壁面だけが残って、
その壁の向こうから日が差している。
美しい。

周囲を見回す。
作業をしている人はいない。
通行人もいない。

スマホを出して、写真を撮る。
がれきを見つめ、日差しを見つめ、
写真を撮り続ける。
ビルの前にライトバンがあるが、
中に人がいるかどうか、ガラスの反射で見えない。
この車がなければもうちょっといい角度から撮れるんだがな、
などとと思いながら、
ライトバンが写らないように工夫しつつ、
がれきを撮る。

写真4枚、トータルで1分ぐらいの出来事だろうか。

ガラスの反射で見えなかったライトバンから、
ただならぬ風体の、初老の男性が出てきた。

「ぁんぁんぉかぉ」と言いながら、
のしのしと、こちらに近づいてくる。

この「ぁんぁんぉかぉ」が、
「何かあんのかよ」、つまり、
「何か用件があるのですか」という意味なのか、
「何か文句あんのかよ」、つまり、
「お前は俺を挑発しているのか」、という意味なのか、
その、まっすぐにこちらを見つめていながら、
それでいて何も見ていないかのような表情からは、
読み取ることはできない。

その男性はみるみるこちらに近づいて、
もう私に手が届くところまで近づいてきた。
私は咄嗟に、以下のように応じたと思う。

「失礼しました。お写真撮らせていただきました。
大丈夫です。あの、風景がきれいだったので、
お写真を撮らせていただいていました。
失礼しました。ありがとうございました。」

男性は「ぁ、ぁ?」と声を出しておられた。
私はお辞儀をしてそこを立ち去ったが、
追いかけてはこなかった。
こちらの、マスク越しの笑顔は、伝わったろうか。

------------------------

一応、咄嗟に、
このような礼儀正しい言動はできるようになった。
大人になったな俺、とは思う。

ただ、突発的な緊張のせいか、
一晩寝ても体のしびれは、まだ取れずにいる。

------------------------

さて、問題はここから。
私はここで撮った写真を、公開してもいいものかどうか。

写っているのは、がれきと重機と、陽の光。
肖像権の問題はない。

ただ、あの男性が私を「無礼な外敵」と見做したのであれば、
この写真をブログにアップするのは失礼なような気もする。
「お写真撮らせていただいております」と言った時も、
納得したような、してないような様子だった。

もう1回同じ場所に行って、
「これインターネットにアップしても構わないですよね」
などと訊いてみるのも手かもしれないが、
インターネットというものを理解しておられるかどうかも、
ちょっとあやしいと思ってしまうような見た目の方であった。
わざわざトラブルを起こしに行くようなリスクを感じなくもない。

単なる風景写真なんだから、難しく考えずに、
黙って公開しちゃえばいいのではないか。

最近、写真に写り込む僅かな情報から、
撮影された場所を特定し、
犯罪に利用するケースがある、
とネットで話題になっている。

自分が撮った写真を見つめる。
がれき。日差し。重機。あとは少しの電線。
これで場所が特定できる人がいるか?
万が一いたとして、私に危害を及ぼすか?

無理なように思う。

どうしたものか、とスマホをピンチアウトしていて、
はたと気づいた。

重機に社名が書いてある。

これをアップロードしたら、
あの男性や、解体業者に迷惑がかかりはしないだろうか。

考えすぎかなぁ。

フォトショップで社名のところだけ消すか。
写真にあんまり極端な細工を施してもなぁ。

考えすぎかなぁ。

------------------------

と、ここまで書いたあと、食料の買い出しがてら、
結局、同じ解体現場まで足を運んでみた。

昨日の男性はおらず、
4~5人の作業服の人々が、
忙しそうに働いておられた。

おそらく昨日は、作業をしていなかったか、
たまたま昼食に出ていたか何かで、
あの男性は「留守番専用の人」だったのだろう。

してみると、作業服も着ておられなかったあの男性の、
「ぁんぁんぉかぉ」という言葉に、
私がかなりの威圧と敵意を感じ取ったのは、
勘違いではなかったのだろう。
(この丹田の奥に穴が空いたような全身のしびれは、相手の敵意によってもたらされたものなのだろう)

きょう作業しておられた人々は、
一番近い人でも鉄柵から数メートル遠く、
非常に忙しそうに背を向けておられたので、
作業の轟音のなか声をかけるのは、
難しい上に迷惑でもあると判断し、
そのままその場を立ち去った。

------------------------

何にも言わず、事情も書かずに、
写真をアップロードしても、
おそらく、誰からも苦情は来ないだろう。

この体のしびれについて口にせず、
詩を書き加えて、
写真詩」として公開しても、
誰も、いつもと何かが違う、とは思わないかもしれない。
(詩は撮影中に閃いてはいたが、自宅に戻って書き起こしてみると、すでに自分の内面とは乖離したものになっていたのだ)

結局、日常のこうした出来事と、思考の断片を、
こうして書き付けておいた方が、
ブログっぽいよな、と思った次第。

そういうわけで、問題の写真は、
このブログに、アップしません。
ご了承ください。

ブログってもう古いのかなぁ。
古いんだろうなぁ。

------------------------

最近、ツイッターに「フリート」という機能が加わって、
消え去っても構わないものはそこに流せばいい、
ということのようだ。

非公式のツイッターに件の写真を流そうかなぁ。
そんなことをしても、ブログと非公式ツイッターを両方見てる人なんかほとんどいないだろうしなぁ。
フリート機能を「うざい」と一蹴するツイートだって見かけるしなぁ。

考えすぎかなぁ。

こっちが普通なのかもしれない 

非常時が日常化してきた。

第一次世界大戦が1914~、
スペイン風邪が1918~、
関東大震災が1923、
世界恐慌が1929~。(以上wiki調べ)

こうしてみると100年前より、
戦争がないだけ、ちょっとましなのか。

そう考えると、
自力ではどうすることもできないこと、
想像を絶したことというのは、
ある方がむしろ普通なのかもしれない。

------------------------

想像を絶したことに備えるのは難しい。
てゆうか想像を絶しているのだから、備えようがない。

想像を絶したことが、
次から次へと降りかかりながら、
困りながら生きて、困りながら死んでいく、
そっちの方が普通なのかもしれないということ。

そうかといって、こっちが普通だと思って、
困るのをやめるわけにもいかない。

そうかといって、1999の頃、ニュース番組に出てきた人々のように、
シェルターを買ったり(ノストラダムス)、
荒野の一軒家に移り住んだり(2000年問題)、
あんな風に備えるのも、無理そうだ。
金銭的にももちろんだが、荒野の一軒家に移り住んだら、
病院だって遠くなる。それでは病気の備えがおろそかになる。

そんなことを考えている間にも、
次から次へと、思いもよらない困ったことは、
起こり続ける。

------------------------

曲を作ってる最中にOSがおかしくなると、
本当に惨憺たる気持ちになる。
こういう気持ちが、貴族的なものなのかどうか。

身分制のあった時代、
和歌がうまく詠めずに苦しんでいた貴族や武士にとって、
飢饉はどのようなものだったろう。
ドラマなどでは無関心そうに描かれることが多いが、
やっぱり、和歌がうまく詠めないことと、
食べ物が減っていくことを同時に苦しんだのではないか、
そんな人もおられたのではないか、と想像をめぐらせる。

パソコンを持ってること自体、音楽を作ってること自体、人類全体(時間軸も含む)からすれば貴族的なのではないか。

当人は自暴自棄寸前になってるが。

------------------------

次の時代がどうなるのか、
想像するのは難しい。

いま現在、何がどうなってるのかだって、
想像するのは難しい。

じつは、この困った状態こそが、
次の時代なのかもしれない。

------------------------

100年、という時間をどう考えるか。

若い頃は、夏目漱石の「夢十夜」を読んで、
100年という時間を「途方もない長さ」と感じていた。

50を過ぎた時に、「あれ?これの倍?」と思った。
自分には、“途方もない長さの半分を生きた”、という実感はない。

高島忠夫という人が50代にリリースした「人生まだ半分」というレコードを、
かつてテレビで“変なレコード”として取り上げてゲラゲラ笑っていたタレントさんたちだって、まだまだ現役だ。

と同時に、100まで生きるのを想定するのが当たり前、
という風潮が世界中に流れ出した。

人生の大抵のことは片付かない、
その様子を達観しつつ描写した晩年の夏目漱石著「道草」。
晩年といったって、没年が49。道草は死の前年に発表されている。
その倍ある時代が来るとは、漱石先生だって思わなかったろう。

------------------------

メルカリやるか、noteやるか、インスタやるか、
意味あるかな、と悩む。
アカウントが増えるのが負担なのだ。
古いSNSを閉じたり、
このブログをやめたりする気にもなれない。

(メルカリってヤフオクに定額で出すのとどう違うのか、
noteってこのブログにpaypalのおひねりリンクを出すのとどう違うのか、
試したいならアカウントを作るしかないのだが)

何のためにそれらをやろうか悩むのか、と自問するに、
ブログという形式が古いからとか、マネタイズをどうしようとか、
なんというか、資本主義的な発想が自分に根を張っていることがわかる。
そういうのにそこそこ抗って生きてきたような気がするのだが、
20世紀の資本主義国家に生まれ育った以上、限界があるのだろう。(社会主義国家に生まれなかっただけでも多少ましだと思わなければ)
では、ポストモダンが本気出した1990年代後半以降に生まれた人々はどう行動しておられるのか、訊いてみたり観察したりしてみたい気持ちも出てくるが、この気持ち自体が資本主義的発想から抜け出ていない、ともいえる。情けない。

悩んでるだけでもう、眼精疲労と腰痛で限界が来る。
そうこうしてるうちに、思いもしなかった事態は次々新たにやってきて、パソコンのOSすらおかしくなる。

貴族に飢饉が来るように。

------------------------

さて困った。
困ったけど、困るのが普通、か。
こまったなぁ。
追記/補足を読む

時間の流れが変化している 

毎日忙しい。
というより、
「今まで先送りにしていたあれをやろう」とか、
「こういう状況だからこそこれをやろう」とか、
自分でやることを増やしているようにも思う。

だがそれも、2~3か月で済んでしまった。
いや、済んではいないが、
そろそろ、気力体力がもたなくなってきた。

時間の流れが変化している。

外出しなければならないことが減ってから、
逆に、外にいる時間が増えた。
日焼けするほど、歩いているのだ。

それでも、気力体力は、
じわじわと落ちていく。

時間の流れが変化している。

元々、孤独には強いほう、というか、
最近の若者ことばでいえば、
“ぼっち耐性”はかなり強いほうだと思っていたが、
「おうち時間」だって、2~3か月で飽きてきてしまった。

時間の流れが変化している。

非常時としての気力体力のまま、
日常を送るのは難しい。

Youtubeなどを見回すと、
手塩にかけた入魂の動画よりはむしろ、
普段のメインワークを離れて、
日常としてただただしゃべっている動画のほうが、
人気が高いようにも見える。

ラジオを聞いたりしていると、
そういう、「ただただ雑談をしている動画生配信」を、
二つ三つ同時に立ち上げている、
と話す方もおられる。

時間の流れが変化している。

ほどんど実現不可能なマルチタスクが、
日常として世界を覆っていて、
それは自ら招いているのか、
外界から流入しているのか、
自分(たち)にも、よくわからない。

時間の流れが変化している。
追記/補足を読む