月別アーカイブ

 2020年06月 

感情地形 

最近、人間の感情を、
“地形”のように感じることが増えてきた。

この土地にこの作物は適している、
この場所にこの発電は不向きである、
ということがあるように、
地形は非常に変えづらい。

------------------------

何十年繰り返しても、
学ぶことができない人がいる。
何十年繰り返しても、
学ぶことができないものがある。

得意なことを伸ばすのはよいが、
不得意なものを人並みにしようとするのは、
途方もない辛苦を伴う。
途方もない辛苦を味わったところで、
そういったものごとは、
ごくわずかしか成長できないか、
あるいは、全く、成長できない。

さらに凄まじいことには、
あまりにも不得意なために、
本人が「不得意である」ことすら自覚できない、
ということも多い。
(このことを実感するのに、私は数十年かけている)

------------------------

何十年繰り返しても、
学ぶことができない人々に対して、
これはもう、こういう人なのだ、というか、
こういう“地形”なのだ、
という感覚を持つようになってきた。
この地震は止まらない。
この氾濫は止まらない。
ここに水を注いでも作物は育たない。
そういう風に捉えるようになってきた。

こういう感覚を、
“諦念”と呼んでいいのかどうかは、わからない。

こういうこと、すなわち、
人間の治らない“地形的な部分”に対して、
適した作物に植え替えたり、
遠くから用水路を引いたり、
あるいは削れない山に対して
トンネルを掘ったりするような行為を、
“マネジメント”と呼ぶのだろう。
そういうことにこの歳になって気づく、ということは、
私がどれほど“マネジメント”が不得意か、
ということの表れでもあるわけだ。

------------------------

私が長年励行してきたことに、
“親身なダメ出し”がある。
“ダメ出し”、悪いところを伝えることは、
言われた方は非常に不快なものであるし、
言う方も個人的な思い込みが混入していたり、
たとえ正論であっても改善不能なものだったりするので、
基本、言わない方がお互いのためなものだ。

なので、ダメ出しをする際、
私は以下のようなマイルールを持っていた。
・絶対に間違えている。私見ではない。
・絶対に改善できる。その方法は簡単である。
・相手と自分が親密であるか、或いは十分に距離があり、お互いに禍根が残らない。
・伝える機会が、相手から与えられる。

こういう場合に、私は親身に、丁寧に、ダメ出しをしていた。
20年、或いは30年程度続けていたろうか。

数年前にふと気づいた。
改善された例は、ほとんどない。

ちょっと考えて、その理由も概ね理解した。
絶対に間違えていて、絶対に直すことができるものが、
目の前にあって、それを放置しているような人々に、
それを言ったって、伝わらないだろう。

------------------------

2020年6月現在のこの状況に対して、
「歴史に学べ」という人は多い。
だが見ていると、どうも、人間の、
「学べない部分」が歴史なのではないか、
という気持ちも湧いてくる。

人為が非常に及びづらい部分が“歴史”なのではないか。

------------------------

かつて、人間社会の特定の事柄について、
この先に何があるのか、
三葉虫やアンモナイトを見れば明らかだ、
という方がおられたと記憶している。
人為の及ばない領域で起きることは、
人間界においても自然界においても、
似ているのかもしれない。

人間社会における、人為の及ばない部分。

------------------------

かつて、ウィルスが来て、
経済が分断され、
国連が弱まって、
世界大戦が起こった。

そのことを、政治や経済や、
歴史に詳しい人は、みんな分かっているのだろう。
それに対して、私に意見なんぞあるはずもない。

分かっていることを止められるかどうかだって、
私にはわからない。

------------------------

本質的な物事は、因果律とは違う部分にあることが多い。

ある哲学者が、のちの哲学者の考えを発展させているように見えても、
のちの哲学者は、前の哲学者のことを知らない、
そういうことがあるのだそうだ。

音楽だって、何かが継承されていくというより、
個々人が別の根を持って、別の幹であったほうが、
ずっとエネルギーに満ちている。
(こういうことを言うと各方面から怒られるんだが)

歴史―因果律で展開する物事の上に、
非・歴史―因果律に基づかないものが顕現する。

そのようなことに思いを巡らすと、
ああ、やはりいま何か、大きなものが、
去っているのだな
という気持ちが湧いてくる。

------------------------

エドゥアール シュレー著「偉大な秘儀参入者たち」を、
通読は、した。
理解できたかどうかは、あやしい。
印象深かったのは、“秘儀参入者”が世を去ったあと、
時代が再び歴史の渦に埋没していく描写であった。
(もう本を手放したので詳細は思い出せない)

超歴史的存在、非因果律的存在が去ると、
人類は歴史的になる。
そういうことだろうか。

------------------------

私は歴史に詳しくないし、
それほど好きでもない。

「これからどうなるのか、歴史を見れば明らかだ」
と言って、それ以上口にしない人や、
「歴史の歯車が動き出したのだ」
と言って、それ以上口にしない人に、
何が見えているのか、
私にはよくわからない。

------------------------

一応、「Archetype Drone Vol.17」で予感したことや、
KAIHOU」で意識的にやったこととは、
これはつながっているだろう、とは思う。

だが、ここまでのことになるとは、
全く想像していなかった。
いまこの瞬間に起きていることだって、
想像力が追い付かない。


先は長い。
追記/補足を読む

秘儀と年齢 

真夜中に太陽を見る、とか、
切り離されることで目覚める、とか、
そういった秘儀が、
セントラルパークでも起きる、つまり、
いつでもどこでも起こりうる、
それが現代なのだ、という記述に対して、
考え続けた数十年であったが、

ふと歩いていて、
暑い雲の向こう側のわずかな太陽を体に浴びているとき、
なんだ、こういうことだったのか、
と思うことがある。

あきらかに、
年齢と経験によるものだ。

生れ落ちて まっしぐらに 遠ざかっていく

追記/補足を読む