昨夜 

身内の誰かだったか、友人の誰かだったか、
通りすがりの誰かだったか、判らなかった。
翳りのように、霞のように見えたので。

昨夜は その 無言の 幽霊に
いろいろな ことを 話した

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mushiof.blog45.fc2.com/tb.php/101-d6f28676