伝達 

いつも言葉を探している。
それがときどき、音楽になる。
だから言葉と音楽は、
私の奥深くでは同じものになっている。

そういうたぐいの言葉、
そういうたぐいの音楽が、
そう簡単に他人に伝わるはずはない。

伝わらないから苦しむ。もがく。
苦しみもがくから言葉になり、音楽になる。

だから、(少なくとも私にとって、)
「絶対に伝わらないという確信なしに、
音楽を作ることなどできない」
というのは、ヒネリでもなんでもない。

「絶対に誰にも伝わらない」という絶望と共に曲を作り、
「絶対に誰かに伝わる」と自分に言い聞かせて発表する。
もう何年もがいているだろう。
生涯もがくのかもしれないし、
もがく力すら衰え、失われていくのかもしれない。

ひとのことは言えない。
「なんて悲しい音楽だろう」と感動していた民族合唱、
来日公演に行ったら、みんな楽しそうに笑顔で歌ってた事だってある。
大好きな音楽家が、何を言ってるかさっぱり判らなかったり、
書いた文章は痛いほど伝わってくるのに、
聴いてみるとさっぱり判らない音楽をやってる人がいたりする。
私だって解っちゃいないのだ。

「馬が合う」とか「虫が好かない」とか言うように、
人間関係は当人の意識と関係ないところで生じる、
と誰かが書いてたのを読んだ事がある。
音楽も結局はそういうものかもしれない。
でもそう思うことは、あまり慰めにはならない。
それどころか、却って頭が混乱してくる。

私は、何かを、伝達しようとして音楽を作っている。

どこかに出口があるのだろうか。
仮に出口が見つかったとして、
この悪循環から抜け出すことは、良いことなのだろうか。

解らない。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mushiof.blog45.fc2.com/tb.php/16-e9e30c74