複雑なヒント 

今月冒頭に書いた、坐禅で観じた「自己の真っ黒などうしようもない塊り」について。
じつは小出しに、ちびちびとヒントを与えられ続けている。
いまだにシンクロニシティが錯綜しているのだ。

まず、数ヶ月にわたり長々と丁寧に読み進めていた、

「内面への旅」 ルドルフ・シュタイナー 筑摩書房

を、先週読み終えた。
収録されている最後の講演に、まさにそのことらしきことが書いてあった。
この講義によると、
『人間の内面は通常、無意識も含めて外界の鏡に過ぎないが、この鏡の裏側にはエーテル体が凄まじい破壊力をもって活動しており、この破壊のかまどの中で人間の通常の自我は形成、精練される』
と(私流には)要約できるので、
どうやら私が観じたものは、“普段人間が見ることのできないエーテル体内の自我の形成現場”、ということのような気がする。
この“日常自我の根”とでもいうようなものと通常の自我意識が繋がって外界に流出すると、自我肥大を起したり教祖人格になったりとんでもない悪人になったりするらしいので、じつはけっこう命からがらだったようだ。
ちなみに、「感覚印象の背後にいたるには、認識の中に愛が働いていなければなら」ず、「通常の自我は放棄されねばならない」そうだ。禅師が「時間をかけて消えていく」と仰っていたのはシュタイナーがここで言う通常自我~小我と同じだろうか~のことだろうか。
あんなに強固で根源的なものが「ほぐれて消えてく」んなら、そりゃ生涯かかっても当たり前か。てゆうか完全には無理なので、生涯かけて少しでもほぐしていこうとすること自体に意味があるということだろうか。
(無論上記には私見も混入していますのでご了承下さい)

で、これを読んで、ずうっと昔に読んだ本の一節を思い出した。
『このことを、道元は“破鏡”と言っています』
という感じの一文。
読んだ本は8割捨ててしまうので見つからないかも、と思いつつ本棚をひっくり返したら、出てきた。高橋巌先生がこのシュタイナーの講演を紹介している講演を、テープ起しした冊子である。シュタイナーの講演日が1921・9/23と一致しているので間違いない。

『千年紀末講演録|悪の働き・社会の未来』 高橋巌
関西ルドルフシュタイナー研究会出版部、1988初版。

店頭には並ばなかった本かもしれない。どこかのオイリュトミー会場のロビーにて買った記憶がある。
これまた要約すると、
『内面を深く掘り下げていくと、ユングが述べているように前世の記憶にも出会うことが出来るかもしれないが、いずれにせよ記憶であって、過去の体験を鏡のように映しているに過ぎない。神秘学では、この鏡をどうやって打ち破るか、と考える。それは禅宗でも同じようで、たとえば道元は鏡を破るという意味で“破鏡”と呼んでいる』。
(無論要約の際に私見が混じってしまいます。又、この本には『文責は、講演のテープを起こした関西ルドルフシュタイナー研究会出版部が全面的に負っています』とあり、高橋先生の全く同じ講義を先生ご自身が手を入れて、角川書店から『千年紀末の神秘学』というタイトルで出版されていますが、こちらでは禅のくだりが全て削除されています。)

道元といえば曹洞宗、曹洞宗といえば、わが禅師。

ところが、師のもとで坐禅―只管打坐―を始めて、ジョン・ケージの音楽がわかるようになり、コンサートぎらいの私が数年ぶりに、“偶然にも”数日後に聴きに行くのは、ケージの曲「龍安寺」の声明ヴァージョン。龍安寺は禅宗は禅宗でも臨済宗の系列。
師に「坐禅するようになったら、禅の経験があるケージって人の曲が解るようになって、その人に龍安寺って曲があって、いろんな楽器のヴァージョンがあるんだけど偶然声明版を演ることを知って聴きに行くんです」と言ってみたら、「ああ。声明ったら真言のがねぇ。ありゃぁいいもんだねぇ。」
帰ってチラシを良く見れば、“真言古典声明”も同時上演。てゆうかさらによくよくチラシを見たら、チラシのデザインが「機」「定の果て」「明け前双つ」「丸の為の音楽」のジャケットデザインをしてくださった井原靖章氏ではないか。どうなってんだ。いくら世間は狭いっつったって。

…などと書いているが、じつはあまりびっくりしていない。
シンクロニシティにいちいち驚かなくなってきた。
シンクロニシティには平常心で接するのが正解らしい。
べつにコンステレーション(シンクロニシティの意味)が読めるわけでもないし、
日々の心配事がなくなるわけでもない。

さぁ、日々の心配事だ。
Last.fmを聴きながら、さてどうやって自分を宣伝していったらいいか、と思い悩んでいたら、
「ryoanji」
がパソコンから鳴り出した。
コントラバス・ヴァージョンの龍安寺。
慄然として、しばし聴き入る。

スクロブル数は1。つまり今までに一人しか聴いていないことになっている。
理由は概ね了解された。
ダウンロード・フリーだったのだが、ファイルが壊れてるらしく、エラーでダウンロードできなかった。
しかも、アーティスト名がコントラバス奏者か誰かの名前になっていて、画像はケージの顔写真なのに、いくらあとから検索しても全くたどり着けない。一期一会だったのだ。

Last.fmのコンバス版龍安寺はライブ録音だったようで、
静かな拍手が鳴り出す中、システムエラーを起こして曲は終わった。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mushiof.blog45.fc2.com/tb.php/206-df3176da