時空がゆがむっつーか 

以前の記事で書いたが、
坐禅における道の途上で、
様々な世界に対する“あきらめ”が出てきた。
無理して若い人の音楽を理解しようとか、
無理して嫌いな音楽を好きになろうとか、
そういう思いが自分の中で死んでいった。

プロとしてはあまり良くないことだ。

しかし、それと同時に、何やら新しい地平が開けてきた。
それが何なのか、まだ断片的にしか分からない。

世界を広めることをあきらめたら、
世界がひろがりはじめるとはどういうことか。

禅師曰く。
「ん。そっちがほんと。
日蓮は最終的に南無妙法蓮華経に到達し、そこだけを掘り下げた。 それで世界が広がった。
法然は南無阿弥陀仏に到達し、そこだけ掘り下げ、世界を広げていった。
道元は只管打坐。ただただ坐り続けることに到達し、掘り下げ、そのことで世界が広がっていった。
例えは悪いけどね、アリジゴクみたいな感じよ。
掘り下げるとね、時空が歪むっつーのかな、
周囲のほうががコッチに寄ってくんの。それで世界が広がるんだわ。」

よし、掘り下げるぞ、と思うと、
思いもよらない問題が降って湧く。
これでは掘り下げたくてもスコップも持てない、
というような問題が、次々に。

「‥そうやって、よし掘り下げるぞ、って時に、 絶妙なタイミングで、
それをさせないような問題とか、人とか、現れません?」

禅師。
「そーそー(笑)。そう簡単にはさせないぞ、ってこったな」
「なんか天に悪態つきたくなりますね」
「(大笑)大いについたらいいよ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mushiof.blog45.fc2.com/tb.php/229-eede67fe