夢を見た 

昨日夢を見なくなった話を書いたそばから、
年に一度みるか見ないかになっていた夢を見た。
今日の昼、長距離移動の列車の中で。

―廃墟の瓦礫の中で、
首がもげて胴にも穴があいたアコースティックギターが、
雨にさらされている。
その壊れたギターに溜まった雨水が、
グラグラと煮えたぎっている。


廃墟とは自分にとって何か、
瓦礫とは自分にとって何か、
雨とは自分にとって何か、
ギターとは、煮えるとは‥

‥パーツごとに主観を自由連想していけば、自己分析できそうだ。
何か重要な夢のような気がするんだが、
久々に見た夢なので気がするだけかもしれない。

うーん‥廃墟と瓦礫、そこに壊れたギター、雨、
雨水が跳ねるように烈しく煮えている‥うーん‥

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mushiof.blog45.fc2.com/tb.php/23-45eaa1e7