二の足PV3 

前回のさらに続き。興味ある方のみどうぞ。
------------------------

調べてみると、自分は、デジカメで、
640×480の30フレームのAVIファイル
で動画を撮っているようだ。

ケータイの動画のピクセルは調べていないが、拡張子は3GPである。
ファイルの大きさは殆ど同じだし、見た目の解像度も遜色ないので、
ケータイでもだいたい同じような解像度で撮っているのだろうと思う。

で、デジカメの容量を増やそうとするが、
マニュアルを読んでも、ネットで調査しても、
手持ちのデジカメのSDカードが何Gまで認識するのか判らない。

カメラ屋に行くと、殆どがSDカードが9割がた「SDHCカード」という名前で売っている。
店員に訊く。幸い、詳しい人に当たる。
「その機種のデジカメの最大認識は2Gです。SDカードは使えてもSDHCカードは使えません。」
2GのSDカードを購入。

ビデオカメラ売り場を見回す。
さっぱりわからん。
が、5~7万の製品と11~13万の2つの価格帯が主流のように感じた。
Last.fmなどで配信している私のPVを作って下さったかたが使ってると仰っていた製品は、
ビデオカメラ売り場ではなく、デジカメ売り場においてあって、
ビデオも静止画も両方撮れます、というスタンスのものであった。
なるほど。これは便利だ。
いまのデジカメが非常に使いやすいので(キャノンの800IS)、買い替えはしないが、
念頭においておこう。

編集ソフトを調べてみると、どうもVegasしかないように思う。
きっとほかにも安くていいものはいくらでもあるんだろうが、
安いソフトを買ってきてレジストリをぐちゃぐちゃにされた経験があること、
ほかに信頼できる情報がないこと、
私自身がSoundForgeのユーザーであること。
うん。Vegasしかあるまい。

以上を総合すると、もしも「動画を撮りだめていつかPVを自分で作ろう」と思うと、
カメラとソフトなどで、Youtube並みを目指して13~15万、TVのハンディ並みを目指して20万程度かかることになる。

うむ。
正直、わたしにとって、「なんとなく出す出費」ではない。

静止画のために、同じくらいの出費をしたが、
チラシもジャケットも自力でデザインしたし、ネットでも多用している。
なので無駄な出費と労力という認識は、ない。

しかし、時間とお金をつかって動画を作って、
どのくらい音楽の助けになるのか。
それやってる時間にシンセいじってるほうが良くないか。
いや、「動画があれば見ながら聴くけど、音だけだとみんな聴かない」という意見は、それなりに説得力がある。

考えるより買うが易しか、
考えずになんとなく撮るのが吉か、
きっぱり切り捨てるのが吉か。

これだけうじうじ悩む理由は、
やればできると思っているから。
たとえば、これが「飛行機の免許を取って飛行機を運転してツアーやりたい」とかだと、
考えるまでもない。
素質も才能も気力も体力も、やる気もお金もない。

さーて。
舟沢虫雄は「ビデオ出力」を装備すべきか?
時間は限られている。難しい問題だ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mushiof.blog45.fc2.com/tb.php/251-cfeac9ff