四つ打ちを説明する際 

―わが禅師にとって、坐禅と瞑想は別のものであるらしい。

曰く、
「いやぁ。むかしねぇ。瞑想とかいうものをする機会があってねぇ。
何をすんのかと思ったら、なんだか単調なねぇ、
ドンっ!ドンっ!ドンっ!ドンっ!
って音楽を、凄い大きい音で鳴らしながら目を閉じてろってんだがねぇ。
それがねぇ、なんだか聴いてるうちに幻覚みたいのが見えてくるんだねぇ。坐禅とは全然違うものなんだが。
それに、ヘンに気分が高揚してくるんだよ。それも坐禅とは全然違うんだ。
でもねぇ、主催者はそれを宗教体験と言いたいらしいんだなぁ。
あれは何なのかねぇ。

一応、色々と知ってる範囲でご説明申し上げた。

・四つ打ち
・四つ打ち出現当時のヨーロッパの社会状況
・大音量の四つ打ちによる脳内物質の分泌
・目標ではなく逃避、もちろん人によっては切実なる逃避
・あっという間に世界を覆ったムーブメント
・末法的西洋から見た末法的東洋

ダダイズムがどうしたとか、ルシファーがこうしたとかは、口にしなかった。

帰り道、どう言えばもっと簡潔にご説明することができたかな、と考えていたら、ふと、

「発生当初の 踊り念仏みたいなもんです」

と申し上げればよかったのかな、と思ったのだが。

合ってるかなぁ‥
‥ちがってたらすいません。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mushiof.blog45.fc2.com/tb.php/330-6489d536