問いを忘れた朝 

目が覚める際、
あちら側からこちら側に戻る時と、
まだ目を開けることができずに朦朧としている時とは、
普通は連続していて、区別がつかない。

しかし、昨夜、あちら側からこちら側に戻るとき、
私は、“こちら側”の事しか意思していなかった。
そして、目を開かず朦朧としながら、
「こんなことでは、私はいちばん大切なものを失う。」
と思った。

目を開いてみると、よくわからなくなる。
いちばん大切なものとはどちらの何のことか。

あちら側の何かだろうか。
こちら側の何かだろうか。

理屈で言えば両方の中間に存在するのが人間なのだが、
どうしてまた○○○○○○
(‥‥この先突然言葉が先へ進まなくなった。
何を書こうとしたのか思い出せないのだ。
何かとてもとても大切な問いだったはずだが‥)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mushiof.blog45.fc2.com/tb.php/332-e2211c50