不況と石祠 

近所の路傍に出来ていた、
真新しい石祠 (せきし。いしのほこら)。
先日通りがかったら、破壊されていた。
石の扉が割られ、
中は台座だけだった。

本尊が盗まれたのだろう。
あの分厚い石の扉、
ハンマーでなければ割れないはずだ。
野仏を盗みながら生きる人を思い浮かべる。

人々はいざとなったら、神殿から壊す。
壊して壊して、最後に残るのは、
神殿だけだというのに。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mushiof.blog45.fc2.com/tb.php/346-43736f9c