風邪と打撲の違い のような 

色々見て回ると、要するに、最近の人々は、若い人々も含めて、
「闇から逃れようと懸命にもがいている」
とでもいうような気分が蔓延しているらしい。

わからなくもない。

人気漫画から老境に入った思想家の著作まで、
やってることはみんなそんな感じだと思う。

私とは違う。

私は、たぶん、闇に闇を流し込もうとしている。
(もちろん、それだけではないけれど。)
それは思想とか戦略とかではなくて、体質のような何かだと思う。
風邪の熱は暖めたほうがいい。
打撲の熱は冷やしたほうがいい。
この世には、温湿布と冷湿布が存在する。
それだけのことかもしれない。

ただ、つくづく、自分は時代とかみ合わないなぁ、とは思う。

じつは、今まで殆ど、いつ、いかなる世相であっても、
私とは違った。

気取って言ってるのではない。
こう見えて、なかなかに寂しい。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mushiof.blog45.fc2.com/tb.php/374-e05f0783