機材的独白まとめ 

一つの筐体でピンクノイズ発生器+フィルターの、小型ノイズシンセがあったらなぁと思う。
モジュラーシンセを調べると、ノイズジェネレータにマルチモードフィルターのモジュールを配置していけば結構なことができそうな気もするが、それをパッチしてどうこうという話になると、煩雑な上に、落ち着くまでに数十万かかる。この歳になってだんだん気付いてきたけれど、私以外のこの世のシンセ使いは、だいたいお金持ちらしい。
自由にノイズを作れる発生器という意味が最大ではあるものの、それを除いても、最近、むやみに、モジュラーシンセが欲しい。
調べてみると、EMSのようなスーツケース型モジュラーや、スーツケース型ケースなどもあって、モジュラーシンセは結構充実しているらしい。ケースにはめ込むモジュラーたちときたら、見たことも聞いたこともないメーカーがYoutubeなどにひしめいていて、それらを輸入して買ったり、自分でモジュラーを作ったりして“自分用シンセ”を日夜組み上げている人も結構いるようだ。知力、体力、能力、財力など、ただただ呆然と見守るばかりである。
DOEPFERに、マルチフィルターやスプリングリバーブのモジュールの存在を知ったことだし、その気とお金があれば、それなりの試行錯誤ができることだろう。

------------------------

モノシンセのヴォリュームつまみとホイールとベンダーとポルタメントつまみが左手にまとまって配置されてないと、楽器としてどうなんだ、と思ってしまう。
が、そういう配置のシンセの少なさを思うに、そう思う自分がユーザーとして少数派なのだろう、とも思う。

------------------------

デジタル部分の低価格化とか、円レートとかを考えると、Prophet08とProphet5って、価値的にそんなに違わないのかもという妄想がある。音というより耐久性の話で。自分の延長になるまでいじり込んだら、デジタルツマミがガリってトラウマになったことがあり。
08の実機を触ってみたことがあるが、音的には確かに非常に魅力的なものだ。鍵盤のないモジュール版のものに深い関心を覚える。
しかし、エディットに大いに煩雑な点があるという掲示板も見かけた。買うからにはそれなりの調査と覚悟が必要だろう。
初代n○rdを1年いじって自分の音が出ずに売った。自分の音出たけど操作性の酷さとデジタルガリでトラウマになった別のシンセもある。MOCROKORGは気に入ったが4音ポリだし始まってしまった老眼にはきついしで次世代を待ってたらXLで実質エディット不能になってデータ移行も出来ず。RADIASは「きっとあなた向きではない」と楽器店に止められて、我慢してたらやはりデジタルガリの問題が出始めているらしい。
いつか自分向きのワークステーションが出ると信じてきたが、気が付いたら、シンセはシンセとして使いたくて、鍵盤は消耗品として考えてもいいかな、と思い始めている。どんなに高価なシンセでも、鍵盤は数十年弾きこむと壊れてしまう。物理構造がそのようにできているのだろう。あるいはそのうち、PCが1msec以内に全ての処理を余裕でやってくれる時代が来るかもしれない。来ないかもしれないが。みんななんでレイテンシーに慣れることができるのか。

------------------------

PAシステムのない場所で、極めて小規模な状態で、満足のいくライブというのは可能だろうか、ということについて、実は私は、何年も考え続けている。
いま調べたら私が最後にライブを行なったのは2004年。このときも、MICROKORG一台でやったのだが、音響機材を持ち込まなければならないので、結局ライトバンが必要になったし、多くのスタッフのご尽力も頂いた。
そのライブよりもさらに個的なライブというのは、果たして可能なのか。そしてそれは、お客さんにとっても舟沢にとっても納得の行くものなのか。そして、そもそもそういったことについて考えることは、怠惰か否か。
私の場合、必然的に「盛り上がるライブ」ではなくなってしまうのだ。
実をいうと、ここ数年、フリー・インプロの人々の活動を拝見しに行ったりしている。
音響機材が備え付けてある場所で“こころみる”ことが出来る場というものが、都内にもいくつか存在しているようだ。
この世のどこかに、取り付く島はないのか。

------------------------

GrooveAgent使おうとしてプルダウンメニューにLM-4を見つけて急にむなしさがこみ上げてきたけれど、リンドラムを買った人のことを思い浮かべてむなしさに耐えている。がしかし、当時リンドラムを買った人はきっとモトを取ったろうと思う。が、そういう問題かとも思う。
―以上をわかりやすく言うと‥
「おまけのドラムマシン」を使おうとしたら、数万円で買ったドラムマシンが出てきた。それはとても使いづらく、それほど音のいいものでもなかった。それをお金出して苦労して使ってた自分の努力はなんだったんだ、と空しくなった。でも、それよりも昔、それよりもはるかに音が悪くて使いづらい、百万以上するドラムマシンを買っていた人々よりはましだろう、と思ってみた。しかし、ドラムマシンが100万以上する時代は、ドラムマシンを持ってるだけで100万円以上の仕事が来たのではないかと思うと、100万以上するドラムマシンを買った人も一概に徒労ではなかったのかもしれないと思う、しかし、これでは投資を回収したという話にすり変わってしまっている。音楽をする人間としてはリンドラムを買った人はどういう思いで今を生きているのか、とでもいうような思い。

------------------------

ソリーナや、ホーナーのストリングマシン(Hohner String)のような原始的な電子キーボードに興味がある。
あれらが内蔵するコーラスが、ほかで真似できない音がするのだ。
色々調べてみると、「あのコーラス部分だけエフェクターとして抜き出して売ってくれないか」というミュージシャンもおられるらしい。シンプルにして複雑。単音であっても飽きない、川の流れを見つめているような、留まらない、豊かな持続音。
ただあれらにはエンベロープもフィルターもない。やはりエフェクターとしてあれば素晴らしいということか。ではなぜ現れない。いや、私が知らないだけで、どこかに存在しているのか。

------------------------

MICROWAVEで、8レベル8レートのエンベロープ(しかも任意の区間をループできる)が何にでも簡単にアサインできて、アナログノイズとアナログフィルターを8音ポリで好きにモジュレートできたのは本当に素晴らしかった。中を開けるとカーチスフィルターにはピンクのと茶色のがあって、茶色のほうが音が太くて2台買っても整合性が取れなかった。WAVESLAVEというMICROWAVEの拡張機で16音に拡張して使っていたが、フィルターの太さは整合しなくて、必要な太さの場所で必要な太さの音が出るように逆算して手弾きしていた。つらかった。
MICROWAVE~PPG系列に私が魅力を感じてしまうのはモジュレーションの自由さにある。マトリクスエディットも慣れれば使いやすかった。単サイクル波形の切り替えにはそれほど素晴らしさを感じていない。ここでもきっと私は想定外なユーザーなのだろう。

------------------------

昨今、質の高い人はみんなアコースティックか、アナログモジュラーか、ソフトだけで淡々と労務をこなすかのようだ。「いつかアナログと遜色ない音と反応と操作性の64音ポリが現れる」と思ってたら虚空に放り出された。もがいて何年経つだろう。「なんとかしなきゃ」って思ったのって20世紀だった気がする。

------------------------

朝が来なくても、夜を想い、夜を生きることはできる、かもしれない。
それでも一応、朝は探す。
昼に夜をしみこませるためにだとしても。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mushiof.blog45.fc2.com/tb.php/425-99e90e0b