失われてしまった場合 



かつて存在していた目、
かつて存在していた鼻、
かつて存在していた口、
かつて存在していた頭、思考、意味と目的が、
すっかり失われてしまった場合、
残されたものは形骸だ、
という考え方と、
残されたものは意味を超えている何かだ、
という考え方がある。

時間は何を残し、何を奪ってゆくのだろう。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mushiof.blog45.fc2.com/tb.php/443-bcf1518f