時は速い、私は遅い 

何事も遅い。

シンセの使い方を覚えて、
来る日も来る日もそのシンセと格闘して、
「このシンセでは自分の音は出ない。」
と結論を出すのに、
どうしても一年以上かかる。
そして、ものが多いと気分が悪くなる性格なので、
そういうシンセを売ったりあげたりしてしまう。
つまり一年くらい、平気で無駄になる。
シンセを何台買って何年徒労に終えたか、
累計にしたらひどいことになるはずだ。

だから、シンセの購入にも非常に慎重になる。
買おうかどうしようか悩んで、機能を調べ込んでいるうち、
次世代機が出たりする。
悩むことで節約できてるのは金と記憶力と部屋の面積くらいか。
「その音をその音として受け入れて使う」ということが、なかなか出来ない。
従来のシステムのままでやっていこうと思っても、
今までのシンセの維持だって時間とお金がかかる。機械は壊れるものなのだ。

TVゲームの開発現場は複雑さを増している。
ここ数年で、私の読書量は10分の1になり、
取扱説明書や、ゲーム音楽開発用ソフトのドキュメントを読む時間は10倍になった。

詩は読むのに特別な時間と労力を要する。
去年の秋から読み始めた『八木幹夫詩集』、もうすぐ読み終わる。
もう一度頭から読み直したい気持ちもあるが、
読みたくて買ったまま読めずにいる本が山と積まれているので、
きっと当分は読み返さないのだろう。

年を取ると時間が早く流れる。
時間が空いたから、
こないだ買ったレコーディング雑誌の最新号を読もう、と思ったら、
すでに先月号になっていた。
“こないだ”が1ヶ月以上前なのだ。

書くのも遅い。
japanoiseに寄稿した「ノイズから始まっている」だって、
実はあれでも10年以上暖めた体験と思考の結晶なのだ。
シュベンク著「カオスの自然学」なんかを読むと、もう驚くほかない。
俺って頭悪いなぁ、と自嘲してもみるが、
反面、意味のあるものを世に遺すというのは、
こういうことなのかもしれない、と思ったりもする。

5年ほど前から考えている文章がある。
先日、半分くらいまで一気に書いた。
またしばらく読み返しながら文章を考える。
できれば年内に書き上げたい。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mushiof.blog45.fc2.com/tb.php/5-740cf3e1