リバーブとしての時代と、その外側からの差し込み 

猛烈な情報量で、何もかもが過去と複雑に関係している。
何もかも繋がりながら、何もかも砕けていく。
何もかも混じり合いながら、離ればなれになって、減衰していく。
そう考えると、21世紀というのは、19~20世紀の、
巨大なリバーブ(残響)のような気もしてきます。

一方、今、自分の身に起きていることが、
過去の延長線上にはない、
という実感も、体験することがあります。
これは確かに物語ではあるけれど、
既存のいかなる文脈にも属していない、という体験。
それを体験している最中は、
これは確かに過去の延長線上にないものだ、
という実感があるのですが、
終わってみると、なぜそれが起きたのか、
そしてなぜそれが終わったのか、
それはやはり、過去から未来への、
通常の時間軸に生じていたのであって、
それを自分が見通せなかっただけではないのか、
などと思いたくなってきてしまいます。
それほどまでに、通常の思考では捉えづらい“差し込み”。

歴史は衰退の相を露わにしていますが、
そんな時空にあっても、
“超歴史的なるもの”は差し込んでくるのです。
当然といえば当然ですが、
不思議といえば不思議なものですね。
------------------------

似たような文章を以前書いたはず、と調べたら、
2016年11月の元型ドローンVol.12でご来場の皆様に配布したものでした。
又、舟沢がこの文章で“差し込み”と呼んでいるものは、
ラインケという哲学者が「ドミナンテ」と呼んでいるものに
近いかもしれません。興味のある方は、
高橋巖著「シュタイナー哲学入門」などご参照下さい。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mushiof.blog45.fc2.com/tb.php/602-9a48741c