音楽氷河期/二重に逆転する休符 

私は まだ 無音を 信じている
無音という音楽を 信じている
そんなふうに ひとりぼっちに なっていく

------------------------

ほんの一年ちょっと前に着想を得た詩。
発表のタイミングを見計らっていたら、
思いがけない方角に時代が変化し、あっという間に時期を逸し、
この詩が何を詠っているのか解らない時代になってしまった。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mushiof.blog45.fc2.com/tb.php/61-343a1f3b