谷口ナツコ展/成田護公演 


AndZoneというところで、
敬愛する舞踏家/音楽家の成田護さんの公演を拝見してきました。
ご自身の楽曲による舞踏で、
会場では「谷口ナツコ展」が行われており、
谷口ナツコさんの作品の中で踊られたのですが、
作品を十分に意識した衣装と音と踊りであったとお見受けしました。
谷口ナツコさんという方の作品も、
実物は画像で見るより遥かに美しいもので、
元々派手嫌い、サイケ嫌いの舟沢でも美しいと感じました。
そこに成田さんの音と照明と踊りが溶け込んだとき、
私は自分の色彩に関する世界観が拡張されるのを感じました。

いい経験をさせてもらいました。
無理して時間を作って観にいってよかったです。

公演終が終わるとすぐに展覧会のクロージング・パーティーとなり、
多少興奮していたのか、滅多にお話出来ないからか、
かなり長時間、成田さんを独り占めして一方的に話してしまいました。
パーティーに参加された皆様はご不快だったかもしれません。

すいません‥

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mushiof.blog45.fc2.com/tb.php/97-e8688920