見かけ上の非直線 



どんな成功談にも どんな失敗談にも
つじつまの合わない 後日談がある

そういうもの かもしれない

雨が全てを戻してくれる 



完璧に整理された埋め立て地と
ビルだらけの都会の間の 住宅街の
そのまた奥に ひっそりとあった
湿地と 丘と 雑木林

伐採が始まった

メジロ アオジ ジョウビタキ
季節によっては オニヤンマ
きっと もうじき 会えなくなる

でも心配は いらない

千年も たてば

雨が 全てを 戻してくれる

持久 


濁流がいつの日か何もかも削り取ってしまうとしても

六月の雨雲、及び六月の緑について 



つまり 最も 生命的なるものについて

地上の断片 



今以外 ここ以外 ということ